競い合うギャルの第一人者!真の強さと美しさを有する元祖美少女応酬戯画

「ただし2人分の生命、タダで持っていただけると想うなよ!!」
現下でこそ張り合うお嬢さんマンガはめずらしくなくなりましたが…。
1980年価格、ガラスの偽りと同季節に少年マンガにも引けを取らない競い合うお嬢さんたちを描いたマンガ家屋様がいました。それが和田慎二先生。特に『スケバン警官』の麻宮サキは「争うお嬢さん」のカリスマ。芯の強さと、悪を許さない強い決断。何ごと地獄の下に叩き落されようと抜け出る強さと、凛とした美しさを備えたお嬢さんたちのお話だ。
冒頭の表現は、止め本番の間、悪役に「土下座すればお前も仲間の生命も助けて吊り上げるぞ?」と持ちかけられたときの、サキの啖呵だ。
ここまで芯の凄い、人をひきつける誘惑を有する女性の方達の主要人世間を描き出せるのは、和田先生だけではないでしょうか?
しかも、連載当時は1970年価格。「ガラスの偽り」と同時に連載開始したマンガだ。
それを考えると、某美少女戦士たちより20年も先駆けている。
また主要人世間だけでなく、悪役から脇役まで気質の気質や仕度が「ゼロ人の人間」として指標。その「人間」たちが織りなすおしゃべりが、どんどんその風土にのめり込ませて貰える。
現実があったり、強烈が出たり、救われたり、ほっとしたり、泣けてきたり…。気質を「育て上げる」という視点で考え、お話しのの間で動かせて行く和田先生のマンガは、それぞれの気質が「人」としてのドラマを見せて貰える。
個人みたいに衝撃的な状況は、海槌(みづち)三兄弟の妹・亜悠巳(あゆみ)のフィナーレ。お金への執着が強く、そのためには手段を選ばず、お金がトータルと堂々と申し立てる悪役だ。恐ろしいのは、最後の最後まで一貫して「お金」という流儀を貫いていらっしゃるやり方。大量のお札にかじりつき、まさにこだわりの集団のような最期を遂げるお嬢さん性格はなかなか薄いないと思います。まさに、凄味のある悪役がいるからこそ、サキの義憤ややさしさが際立つのだと思います。
30年前の品物ですが、現下読んでも彼たちゼロ人ゼロ人の生きざまに惹かれるやり方間違いないでしょう。シミウス|高評価のだけど消費期限は?お得な最安値はどこ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です